« 睦月  28日  FB | トップページ | 弥生  11日  5年 »

2016年2月12日 (金)

如月  12日  恐慌

6日で六八歳になった。末広がりの数字が二つ並ぶ。今年は大きなすべての分野において、潮目を感じる年になるようだ。政治経済は既にその兆候が如実に現れだしていて、人々の閉塞感はより増している。足をしっかりと大地に広げ、世の中の荒波や強風に耐えろと言うことを暗示しているような末広がりの歳回り。受け入れましょう傾き倒れないように。と言うしかない。ここで「負けてたまるか」と言うと68の男にとっては青臭いのでやめておくが、何となく戦後経済戦士として熾烈な社会の中で生きてきたことを思うと、寂寥感に苛まれ、ついつい上を向いて歩こう気分にはなれない淋しさ。3・11から5年経つ。経済優先で進められてきた、原発事業がこのような不始末で失ってしまった国土の責任ははっきりとしてくれないとやり切れない。尖閣諸島の比でない国土の損失。それなのに何の手当もせずに5年。一方失った国土の数パーセントの広さしかない尖閣問題を契機にして、戦争法案、や秘密法案などが次から次へと採決され、きな臭い国へと変貌しようとしている。やるべきことの後先が逆だろうと叫びたくなる。そしてこんな状況の中、株の大暴落。そして消費税の改正等など。こんな様相の世の中で、上を向いて歩けるわけないだろうと憂いてブログは終わる。明日は友人とテニスをして、梅祭りに行き、すし屋で一杯。ささやかな幸せを感じる週末の午後。ひとりひとりが頑張るって、こんなところの気分から生まれるのかもだよね。

« 睦月  28日  FB | トップページ | 弥生  11日  5年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事