« 睦月  05日~06日  挑戦 | トップページ | 睦月  13日~14日  暴力 »

2015年1月13日 (火)

睦月  07日~12日  成人

念頭に、あまりにくだらない挨拶を書き記してしまう。善悪で物事が成り立っていると書いたが、フランスで風刺新聞を発行している新聞社の編集会議室にテロリスト二人が自動小銃を持って侵入し、警備の警官を含め12人が射殺される事件。アルカイダ、イスラム国、など過激な一神教崇拝の集団が世界各国にテロの恐怖を与えだしている中での事件である。この事件でも互いが善を主張しあっている矛盾がひとつしかない地球上で起きている事は何故なのかと問う。テロと戦争の違いはなんなのかともう一度問うてみると、人が殺されるという状況に違いはないので、悪の連鎖としか言えないが、大義が有ればそれは善であると言い張れる矛盾。であれば善悪の基準と言うものはないということになる。そこで法治国家は法の下で生きる基準を国々で定めているのだが、我が国はこの法治が昨年からアベノミクスとやらをいいことに、人治国家に変貌しだしている。権力者の裁量でどのようにも法を解釈し、ご都合の良いように拡大解釈する姿に、善悪の悪の姿に動き出す未来が嫌な予感で感じるのは私だけだろうか。今年の善悪の基準探しはそれを推し量る計測器が社会全体の共用物にならずに、個人若しくは、それを共有する集団の尺度での計測値としてそれぞれに働いていくことに社会の善悪を自らの尺で解釈して生きていかねばならないつらさを持って過ごさなくてはいけない世の中のようだ。何故こうなってしまったのだろうか。世の中はそういうものだよと言われればそうであろうが、もう少し違うベクトルが有ると信じて成人の日なので其の乗りで挑戦していく夢を見ていきたいが、あまりにも幼稚過ぎて馬鹿かなー。デカルト・われ思う、ゆえに我あり。是も辛い。

« 睦月  05日~06日  挑戦 | トップページ | 睦月  13日~14日  暴力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事