« 皐月  19日~20日  暗澹 | トップページ | 皐月  23日~25日  初夏 »

2014年5月23日 (金)

皐月  21日~22日  囁き

このコーナーの囁きも1190回を重ねてきた。時には日記になったり、コラムになったりして胸の内や心の中の鬱積した不安や不満や憤りや楽しさを、思いつくままにへたくそな文体と言い回しで、書き連ねてきた。本来、人様にお見せするようなものではないが、本来の恥知らずの性格が皆様に不愉快な思いをさせるかもしれないことを承知で書き綴る厚かましさ。中学生の作文の練習ととらえていただければありがたいですので、失礼はご容赦を。農大の阿部先生をJIA・UD部会長のS氏と訪ね、7月のアーキテクツガーデンでの講師のお願い。阿部先生は風致地区に造詣が深く、ついつい我々も興味があるので話し込んでしまう。街は地域の人が管理して育成していくことで地域の景観が守られていくお話は、今の時代にとても役に立つキーワードをお話しいただけたのではないかと思う。行政ばかりに、自分たちが住む町を任せているのではなく、地域の人々が協力し合い育成していくことの姿が、後世の人々にも伝えられて行けば、成り立ちに厚味がつき、地域の景観が保持されていくことになる。しかしいま東京で行われていることは、その真逆の事が経済優先の旗印のもと進められているところに、将来の危うい姿を建築家として感じてしまうところに、私のアフター6の活動の根源がある。身体を壊さないように、もうしばらく同志と議論をして、少しでも後世の人々に歓ばれるような姿が作れたら、それは楽しい仕事だったと自らを褒め、墓場に入ってもよい。「都市は美しくあらねばならない、美しさとは秩序以外にない。人の心はあらあらしさに耐えがたく、秩序の中で安らぐ。」と言った。司馬遼太郎の言葉を思い出す。

« 皐月  19日~20日  暗澹 | トップページ | 皐月  23日~25日  初夏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事