« 長月   01日~05日  順序 | トップページ | 長月   09日~11日  秋風 »

2013年9月 9日 (月)

長月   06日~08日  決定

各地に甚大な被害をもたらしている、局所豪雨が日曜日の夕方、世田谷にもきた。被害は出なかったがようだがあまりよい気分になれない。建築、土木は1時間に50ミリの雨量を想定して設計しているので、最近の集中豪雨には排水が追いつかないのが現状なので、思いがけない事態が生じてしまう。気象庁も発表した今年の異常気象は、今年だけが特別気象であったのか、それともこれから先、毎年悩まされる気象状況になって行くのか見極めていかなくてはいけない。少なからず温暖化がこのような気象を招いていることはいがめない。

週末、リノベーションの打ち合わせ1件、基本構想案の区議との打ち合わせ1件。インターンの学生2名同席する。

W夫妻、S氏、B夫妻とのRBGと夕食の宴。もっぱらオリンピック2020東京に決定の話題。明日から賑やかな話題として暫くマスメデアが取り上げることだろう。総額40億ドル用意してあるとの事、猪瀬知事自分のお金のごとく大盤振舞い。なんと日本円にして約4,000億円。おもてなしする都民の血税を使うのであれば、もう少し使用できる施設の改修工事で充分に対応できるはずだが、全て新たに作るらしい。取り壊して発生する膨大な産業廃棄物とCO2の排出。そしてその後に毎年掛かる維持管理のお金。人口減少社会に向かっている、この国のあるべき姿として正しいのか、もう少し大人の叡智を持って考えてほしいのだが、彼らには通じない。未来を担う子供達の夢と希望のためにと、オリンピックの招致の一端に示したならその夢の裏に隠れている、膨大な借金と放射能の恐怖のつけも未来を担う子供達が引き受けなくてはならない、ということも考えた上で決めてほしかった。その上何時起きても不思議でないと専門家達が言っている、南海トラフを中心にした巨大地震が起きたらと言う心配。このような心配な事がたくさん有るこの国で、オリンピックが2020年に行われる。本当に大人の発想でこのお祭りに対処してほしいと望む。浮かれているときではない、今こそおもてなしの精神とは何なのかを日本の歴史や作法礼儀、そして日本という国土のあり方から捉えてほしい。

72歳、何とか生きているだろうから、いくつかの競技を何の憂いもなく静かに観戦したいのだが、今のこの国の現状を考えると暢気なことも言っていられないし、おもてなしなんて今の現状を考えるととてもまともに出来やしない。

« 長月   01日~05日  順序 | トップページ | 長月   09日~11日  秋風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事