« 水無月  22日.23日   週末 | トップページ | 文月   01日~03日  未来 »

2013年7月 1日 (月)

水無月  24日~30日  月末

早いもので今年も半分が終わった。今週もシンポジウム3件、勉強会1件、お付き合い1件とほとんど自宅で夕食を摂ることがなかった。ウインブルドンでは伊達選手と錦織選手が勝ち進み、期待を持たせたが、3回戦で敗れる。今年のウインブルドンはコートコンデションが悪いのか、転倒者が続出して、棄権する選手やランキング上位の選手が2回戦で敗れる、大番狂わせが続出。そんな中、もしかしたら日本の2選手が準決勝ぐらいまで進むかと淡い期待を持ったが夢かなえられず。世界は今まさにグローバル化へ勢いを増して進んでいる。そんな経済状態のよさそうな雰囲気を利用して、自民が都議選で大勝し、アベノミクスとやらの不安もなんとなく感じるのだが、経済は行け行けドンドンの雰囲気。近隣諸国との揉め事もどこ吹く風の右的な風が吹きながら、わが国はTPPを受け入れ米国のグローバル戦略に乗っかっている。滅びの笛はいつ何時、やってくる可能性のたいまーにスイッチを入れてしまっている。さてさて婆を拾うのはいつ何時になるのだろうか、それより先に巨大地震が国土に壊滅的な鉄槌を下すのかである。永遠と言う言葉がむなしくさびしく響く時代になったものだ。  富士山が世界遺産に登録され入山者が案の定増え、マスコミはこぞって放送し、原発の再稼動問題や都議選の総括を行うことなく、マスメデアの本来役目を果たしていない状況は、恐ろしい統制国家の前触れを感じる。

« 水無月  22日.23日   週末 | トップページ | 文月   01日~03日  未来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事