« 弥生  22日(金)  新地 | トップページ | 弥生  24日(日)  祝会 »

2013年3月25日 (月)

弥生  23日(土)  変貌

薄曇。北の風が吹き、体感温度は10度を下回っているのではないかと感じる。午前中、テニスを2時間愉しみ、午後、JIA・UD部会で中野駅から5分ほどのところにある、下っての徳川綱吉犬公房の犬屋敷→陸軍中野学校→警視庁警察大学校と歴史を重ねてきた100haの敷地の再開発。明治、早稲田、平成帝京大学の都市型高層大学が建つ計画。今日は明治と帝京大学の施設を部会のメンバー20名ほどで見学会。高層棟の中にキャンパスに見立てた計画が施されている。敷地全体は事務所、商業施設、マンション、公園が計画されていて駅から5分の市民の憩いの場的様相になっている。駅前の中野サンプラザと中野区役所を含めてた再開発も考えられているようで、駅周辺は大きく変貌しようとしている。見学後中野サンロードの商店街の中にあるイタ飯屋で懇親会。UD部会で長いこと頑張ってこられたA氏が鹿児島大学の教授として赴任するので、部会長の引継ぎも行われ、新たな出発となる。帰宅21時半。帰宅途中、今日の始発から地下化された下北沢駅で下り、散策。昨夜は地上の踏切がなくなるのを記念して、下北の町は大騒ぎだったようだ。地上部分に残された30M×2,2kMの計画の成否がこの計画の全てを決定付けるのではないだろうか、西欧のこのようなよい実例に近い物が計画されることを望む、特にニューヨークのハイライン計画のような市民が憩える空間を事業者は商売や経済を優先することなく考えていただきたい。事業者のがこの地下化に投資した金額が全体の7㌫と聞くと余計に公共に寄与する計画を考えてほしい。

Dscf3928 Dscf3923 Dscf3924

« 弥生  22日(金)  新地 | トップページ | 弥生  24日(日)  祝会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事