« 如月  13日(水)  招待 | トップページ | 如月  15日(金)  大詰 »

2013年2月15日 (金)

如月  14日(木)  回想

晴。若き日の修行時代を回想させてくれる小説を読み終える。「火山のふもとで」。建築を志す若い人たちに呼んでいただきたい秀作。作者は数々の雑誌の編集を手掛けた著名な編集長。浅間山の麓の夏の家で展開される、国立図書館のコンペを題材にし、自然や人、流行く時間が作り出す過去と現代と未来が織り成す繊細で優しい言葉の情景がリズミカルに澄んだ空気感で語れていく。全編に流れる情景が私が修行したアトリエの中に流れていたその時代の空気と人間模様であった。

夕方、南房総の別荘の打ち合わせ。請負金額と工務店の選定。

帰宅19時、久しぶりに自宅で夕食。掃き出し窓の上部の箱樋の撤去が終わり、中庭がすっきりとした感じ。この後アルミの軒を少し深めに出して夏の採光対策の工事をしてもらう。暖炉もこの際付けようか今だ迷う。

就寝24時半。

Dscf3815

« 如月  13日(水)  招待 | トップページ | 如月  15日(金)  大詰 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事