« 霜月   6日(火)  晩秋 | トップページ | 霜月   8日(木)  再会 »

2012年11月 8日 (木)

霜月   7日(水)  立冬

晴。朝靄の中散歩。庭の落葉樹の紅葉もほとんど散って、晩秋の陽が吹き抜け上部のトップサイド窓を通して、家の奥の階段まで入り込んでくるようになった。家の中での陽の移り変わりは陰影による空間を愉しむには悪くない。

午前中、飯能の現場定例打ち合わせ。小田急線、埼京線のダイヤの乱れで20分ほど遅れる。外壁の左官の下塗りが始った。今月末には足場が外れる。楽しみだ。

帰所14時半。15時まちづくりの仲間たちの友人来所1時間ほど打ち合わせ。先日102歳のお母様がご逝去なされ、2日間ほど3男坊として可愛がってもらった想い出が湧き上がり気落ちしてしまったと話してくれる。その後、脳科学の話。死に至るまでに脳は死に至らしめる痛みの部分をひとつ、ひとつ消して行き最後には穏やかな身体のもとに息を引き取るという話。脳科学の研究が進み、このようなことが解明されてきたとお母さんの死を看取った医者が話してくれたとのこと。不思議だ。

12月のシンポジウムの構想を練る。仲間たちにメールを送る。新たな一歩になる事を期待する、ただ当日は都知事選の投表日なので、参加人数が心配。

帰宅19時半。

« 霜月   6日(火)  晩秋 | トップページ | 霜月   8日(木)  再会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事