« 神無月 3日(水)  描写 | トップページ | 神無月 5日(金)  日記 »

2012年10月 5日 (金)

神無月 4日(木)  自立  

晴。午前中、S邸の現場定例打ち合わせに行く。細かな納まりの話と、お施主さんが購入したシャンデリアを玄関ホールに吊るすと、下端で2メートルそこそこしか取れないので天井に工夫を凝らさなくてはならないが、中央に梁が有るので困っている。シャンデリアを少し詰めるか梁を補強して高さを詰めるかの両刀で考えないといけない。

帰宅して自動車を置き、事務所に行く。午後からI邸のスケッチ。

連日の深夜帰りで少しお疲れ感が有るので19時帰宅。久しぶりに3人で夕食。楽天オープンテニスを観ながらソファーでうたた寝、気が付くと23時半。残りのワインを飲みながら、ニュースを観て,シャワーを浴びて就寝25時。

大間原発の建設が再開との事、地元市長は市の財政や経済が潤うので大賛成。120億近い交付金が来るらしい。それと建設労働者の宿泊、消費によって街の人は喜んでいる。また雇用が増え、町は万々歳。大間といえばマグロ漁が有名、漁師さんはもしものことを心配しているが、運転開始後の排水による海の汚染のことは心配していない。地方は国からの交付金がないと本当にいけていけないのだろうか、交付金に頼らない自活の道は探り出せないのでしょうか。智恵を搾り出せばきっと見つかるのではないかと私は思っている。リスクの高い凶器に一時の甘い汁に浸っていたら自立の道はいつまでも見出せないと思いますが、市長よ。再考を。あなたの街の問題だけではなく、対岸の函館市や周囲の市町村のことも考えていただきたい。エネルギー問題は国民の安全を考えたリスクの少ない未来に向かった良識あるトップの決断しかない。この国は原発が無くてもエネルギー供給は大丈夫。

« 神無月 3日(水)  描写 | トップページ | 神無月 5日(金)  日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事