« 神無月 2日(火)  司法 | トップページ | 神無月 4日(木)  自立   »

2012年10月 4日 (木)

神無月 3日(水)  描写

曇りのち晴。一日I邸のスケッチ。夜、

東京建築士会世田谷支部設立準備会。発起人リストまとめ、呼びかけ文の雛形をK氏にお願いする。来年一月に総会をして正式に発足。会合後駅前にできた大衆酒場で2次会。向かいの席の大学生と思しき男女十数人が酔いに任せた馬鹿騒ぎをしていて、こちらの会話が聞き取れない。世の中ひとつ間違えれば戦争にもなりかねない日中関係の様相なのに、何が愉しいのかこの馬鹿騒ぎ、大学のキャンバスでの飲み会でない事を認識してくれよ。他の客のことも考えろと小言を言いたいが、どう見ても日本語がまともに通じる程度のいい学生には見えないのでやめておく。お店の店長がと期待したが、これまた若い店長で日本語が通じそうに無い、通じるであろう人ならば、既に「他の客様がおられるので、もう少し小さなお声でと注意を喚起しているはずだ。全く他人を気遣うという日本の美徳が失われてしまったのか情けない。同一にはしたくないが中国のデモで無差別な破壊行動をする若者の公共という観点から見ると全く同じ狢としか私には見えない。その彼らが一人になると社会の端の方で、己を隠しひっそりと息を潜めて様子を窺がっている。その使い分けの格差に私などは不気味さを感じる。と根拠の無い事を感覚だけで書いてみる。

帰宅23時。3日連続の深夜近くのご帰還。

« 神無月 2日(火)  司法 | トップページ | 神無月 4日(木)  自立   »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事