« 神無月 13日(土)  引渡 | トップページ | 神無月 15日(月)  下地 »

2012年10月15日 (月)

神無月 14日(日)  食欲

晴。秋の好天に恵まれ。秋を堪能してきた。栃木の古い民家を改修して住んでいる。竹篭コレクターのSさんのお誘いで、私共家族3人とSさんの友人I夫妻、N夫人の6人で電車に揺られ、下今市まで行く。Sさんが車で駅まで迎えに来てくれて、ご自宅に案内してくれる。裏山の杉林がSさんの先祖代々から引き継がれてきている林業を営んでいる山とのこと。秋の気配が色濃く漂う始めた農村風景の中に民家は静かに佇んでいた。Sさんは東京での仕事がほとんどで、この民家には月に2回ぐらい70半ばのお母さんの様子を身に戻って見えるらしい。今日は3家族が持ち寄った料理とSさんがご用意してくれた新鮮な野菜と黒豚、美味しいシャンパン、赤白のワイン、とてもフルーティーな千葉のどぶろく。そして持ち寄った品書きは、オマール海老、スカンピ、あわび(これは後でマツタケとあわびの炊き込みご飯になる)、ナスをベースにしたパテ、キッシュ、塩コショウをまぶしたローストビーフ、焼きたてのパン、ゆでた落花生、子供の頭ほどの大きさの梨(名を忘れた)、焼き芋(ストーブでSさんが取立を焼いてくれた)、ナン、カシュナッツ、漬物。この贅沢な時間は愉しい会話の中であっという間に過ぎた。料理の数々、交わした会話の数々がすっかりと疲れを癒してくれた。明日がお休みなら一泊したい気分。列車の時間が有るので、再び駅まで送っていただく。途中美味しい餃子やさんがアルというので寄る。列車の時間が迫っているので、食べる時間が無く、冷凍したお土産を買って帰る。列車に揺られ満ち足りたお腹と気分は浅いねむrを誘い、気が付くと降車駅真近か、帰宅21時半。至極の秋の家族の小旅行でした。

Dscf3437 Dscf3438 Dscf3439 Dscf3440 Dscf3441

« 神無月 13日(土)  引渡 | トップページ | 神無月 15日(月)  下地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事