« 弥生 11日(日)  震災 | トップページ | 弥生 13日(火)  周期 »

2012年3月13日 (火)

弥生 12日(月)  黒船

晴後曇。連日の震災復興のニュースを聞き、何故か心晴れない日々が続く。がんばれ、がんばれと言って一年。遺族や被災者はいたたまれない一年であったのではないだろうか。この復興の遅れは、国の諸制度の弊害がもたらしている事は明白なのに、何も手をつけない政治。少子高齢化社会、都市と地方、これからの時代を見据えたダイナミックなパラダイムの大転換を示し、地域の自立から生まれる、復興力を描き出してほしい。それなくして、この大被害から学んだ教訓は生かされないと考える。西の最果ての小さな地に住むユダヤ人は常にイノベーションを考え実行する思考回路を強く有しているらしい。同じような優秀な思考回路を持つ、東の最果ての地に住む日本人はこの改革の回路が、どうも途中で脱線するか現況や前例に埋没してしまう国民性のようだ。ユダヤ人と日本人は共通性が多いのだが、今の時代を考えたときこの違いは痛い。もし日本人のDNAが大転換の妨げになっているなら、黒船の来襲を待つしかないのかもしれない、しかし資本主義時代に黒船を待っていたら、国の大半は黒船資本に凌駕されてしまいかねない。 変革だ。この流れが見えない限り、心晴れない日は続く事だろう。

« 弥生 11日(日)  震災 | トップページ | 弥生 13日(火)  周期 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事