« 弥生  7日(水)  保険 | トップページ | 弥生  9日(金)  総会 »

2012年3月 9日 (金)

弥生  8日(木)  希望

曇。午前中、K邸の請負契約を施主さんの家で行なう。取り壊し中の現場を見て業者と打ち合わせ。午後学習塾の図面を描く。その後O邸の2階案のスケッチ、合い間に1階案を担当者と打ち合わせ。夜、東京連携会議に行く座長のS氏が今期で任期が切れるので次期座長を決める。会議後議長の慰労会有志6名で行きつけのお店で一献。  大震災から後三日で一年。月日の経つのは早いが、復旧、復興は遅々として進まない。マスコミは連日関連ニュースを流しているが、それさえも虚しさの中に飲み込まれ、大きな力になってくれない。被災者の抱える日々の現実はこの一年の流れの中で新たな希望の光を見ることが出来た、時の経過であったのだろうか。疑問符が付く。全てはこの国の抱える政治の衰退にただ振り回された一年ではなかったかと思ったりしてしまう。地元行政と住民が復興計画で揉めているニュースを見ると、現実の真実を知らない私はただ見たり聞いたりする事からの寂寥感を感じる事しか出来ない。それでも春の足音と共にあの恐ろしい出来事からの一年がやってくる。それでも余震が度々起き心落ち着けない日々が過ぎて行く。テレビからは特番や首都直下型の地震の震度が7に引き上げられたと報じる。心落ち着くはずが無い。

Dscf2607 Dscf2608 Dscf2610 Dscf2613 Dscf2614 家の近くでの春の香。

« 弥生  7日(水)  保険 | トップページ | 弥生  9日(金)  総会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事