« 弥生 10日(土)  色彩 | トップページ | 弥生 12日(月)  黒船 »

2012年3月12日 (月)

弥生 11日(日)  震災

晴。2日間続いた雨で、テニスコートのグランドコンデションが悪く今日のテニスは中止。午後、W夫妻、S夫妻、次女夫婦来宅、RBGと賑やかな夕食。次女のトルコでの仕事の話を聞き、盛り上がる。S夫妻は3回もトルコ旅行をしているので、とても詳しく、次女と話が弾んでいた。   今日は大震災から一年、各地で追悼行事が行なわれている。思い出したく無い出来事。ただ手を合わせ被害にあわれた方々のご冥福を祈る。希望が復興の力になるならば、その夢を叶えるべき努力をしなくてはならないが、人一人の力には限界が有る、人々の絆は希望の光では有るが、現実と向き合ったとき希望への距離は今は計りようが無い。この距離を生み出している、遅々とした復興の遅れ。行政の所為にはしたくないが、頼るのは大きなお金を動かせる行政の力。しかし今だ希望の距離を埋めてくれる力として機能していない。そこに一年を経て追悼の心に、悲しみ以上に虚しさを感じるので有る。この距離を埋める旅はまだまだ続く厳しい棘の旅路である。

« 弥生 10日(土)  色彩 | トップページ | 弥生 12日(月)  黒船 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事