« 如月 21日(火)  春風   | トップページ | 如月 23日(木)  肩痛   »

2012年2月23日 (木)

如月 22日(水)  CO2

晴。暖かな日中であった。朝一番に打ち合わせ室の大テーブルが届く。これで事務所の模様替は終り。13名までは座れる、詰めれば15名は大丈夫かも。11時に区役所に一つ隣のN事務所のN氏と自転車で区役所に行く。地域会の代表K氏,副代表のS氏、幹事のK氏と待ち合わせ営繕施設の方3人と公共施設のリノベーションの意見交換を約1時間ほどする、区の方々も前向きに対応していただき、環境の時代に配慮した新たな施設の有り方の提案を地域会で考え提案していけそうだ。国交省や環境庁、文科省のCO2削減に対する補助金を得られるようなプロジェクトに出来れば早く現実味を持って計画が実現に向かって動き出すだろう。まずはこのあたりをしっかりと勉強して進めて行きたい。24日の定例会でメンバーに報告して来月、2回目の区との打ち合わせを持っていくつかの対応案を地域会として提案して行きたい。

2年前に改築の危機のあった区役所の第一庁舎、第二庁舎、区民会館を改築と構造を残したスケルトン状態にしたときの環境負荷計算は以下のようになりました。

全て解体した場合の環境負荷推計(第一庁舎、第二庁舎、区民会館)

●排出資材質量合計90,107.7ton  ●CO2排出量合計1,538,685㎏.CO2

スケルトンの状態にした場合の環境負荷推計(第一庁舎、第二庁舎、区民会館)

●排出資材質量合計 1,937.8ton   ●CO2排出量合計42,761㎏.CO2

 排出資材質量で80%削減        CO2排出量で72%削減

確かなデーターが不足しているので粗い計算だが、これだけの環境負荷を軽減できるのである。更に解体して何も無いところから作るエネルギーと、スケルトンから作るエネルギーの消費は更にその差は大きくなる。「もったいない」と言う思想を持つ事でどれほど地球に優しいかということだ。

 

« 如月 21日(火)  春風   | トップページ | 如月 23日(木)  肩痛   »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事