« 神無月 1日(土)  老後 | トップページ | 神無月 3日(月)  愛犬 »

2011年10月 3日 (月)

神無月 2日(日)  孔球

薄曇。今年四回目のゴルフ。所属しているクラブの15年目の開場祈念杯。49・57と最悪。グリーン回り10ヤードぐらいのアプローチの感覚が悪く、長かったり、短かったりと12,3打ぐらい余計に叩いたのではないだろうか。アプローチはゴルフの回数だけ上手くなるので、コースに出る回数に比例すると私自身は確信している。練習場のフラットなマットの上では練習しても意味が無いと思っている。芝の向きグリーンの傾斜、スピンのかけ方、パットが打ち易いラインへの読み、距離感等、が全てのホールで違うのでその技術をしっかりと身体に覚えさせとかなくてはいけない。月一ゴルフではなかなか会得できない技術。上手くなりたいのであれば自宅の庭に練習グリーンとアプローチショットが出来る練習場を作るかで有る。そんな広い庭はない。それにしても悔しい。一番良い解決策は、ドライバーをフェアウェーに打ち、第二打を全てグリーンONさせる事だ。シングルプレーヤー間違いなし。若しくは苦手な100ヤード以内の距離を残さないように戦略を立てる事とアイアンの方向と距離の精度を高め、そして確実にグリーンに乗せることである。これが難しい。だからアマチャゴルフはハンディキャップを決めて楽しむスポーツなのである。それにしても悔しい。

« 神無月 1日(土)  老後 | トップページ | 神無月 3日(月)  愛犬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事