« 長月 20日(火)  台風 | トップページ | 長月 22日(木)   大会 »

2011年9月22日 (木)

長月 21日(水)  天罰

雨。昨夜から断続的に強い雨が屋根をたたき、2時に目覚め、4時半に目覚め、6時に目覚めてしまい結局起きる。午前中、上野の現場打ち合わせ。午後、帰所。台風が浜松に上陸したとニュースで知る。東京も風雨強くなり、河川の氾濫が心配になる、名古屋では100万人規模の避難勧告が昨日発令され、都会の災害に対する脆さを曝け出した。東京も例外ではない。家屋が床上まで水に浸かったニュースを観ていて、後片付けの大変さを想像するだけでも気が滅入る。自然災害とはいえ心の落ち着けどころを見出せないでいる、被害地の人々のストレスは大変なものだと思う。15時を過ぎると東京も風雨更に強くなり、ビルや家の間を唸りを上げて四方に飛散している。長女が小田急線が運転を取り止めたため帰宅でき無いと言って、事務所に来る。経堂まで着ての事だったので私と車で帰宅。家内は都内にいて、帰宅のタイミングを逸し、4時間近く電車の再発を待ち、10時過ぎに帰宅。電車での帰宅の脚を奪われた人々がバス停留所に押し寄せ渋谷駅広場は長だの列。OLらしき女性はテレビの取材に3時間並んでいると応える。この光景も大都会なればの様相。しかし、前にも書いたが今年の自然災害は過去に例を見ない。テレビの取材に応える被害地のお年寄達が一様に「今までにこんな災害は経験した事が無い」と応えている。開発一辺倒で進んできた結果、国を守ってきた多くの結界が無秩序な開発でいたるところで破られてしまったことに対する自然界からの啓示なのかもしれない。この国のあらゆる分野の転機を暗示しているのだろう。天罰

« 長月 20日(火)  台風 | トップページ | 長月 22日(木)   大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事