« 文月 25日 | トップページ | 文月 28日 »

2011年7月28日 (木)

文月 26日 27日

26日 薄曇。午後総武本線各停に揺られて千葉市に行く。高校時代通学に使った路線なので懐かしかった。車中から見る、駅や駅周辺の街の様相は当然のごとく一変している。記憶だけが当時の街の思い出と一変した街の風景とを繋いでいる。

27日 薄曇。蒸し暑い。午後L社に行き、54回目の研究会。その後JIA会館でUD部会。被災地の瓦募金の話、ハワイには何故、海岸線に防波堤のような構築物がないのかと言った話。確かに。津波に対しては細かなことが州法で決められていて海岸線から建物までの離岸距離が決められている。護岸は自然のまま残し、自然力で津波を吸収して行く考えのようだ。住宅は高床式になっている。いずれにしろ観光地としての風景のあり方が優先されている。当然、日本の海岸線の護岸防波堤のコンクリート壁、足元の侵食を防ぐ為に詰まれたテトラポット、そしてその先にまたコンクリートの防波堤と言った風景とは海と陸地の繋がり方がまったく違う。どちらが良いかは多くの検証をした中で見つけ出さねばならない。上空からそれぞれの海岸線を見ると美しさの違いは歴然としているが。

« 文月 25日 | トップページ | 文月 28日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事