« 神無月 3日(日) | トップページ | 神無月 5日(火) »

2010年10月 5日 (火)

神無月 4日(月)

曇り時々雨。午前中白浜の家の基本設計の打ち合わせに広尾まで担当のM君と行く。ご主人と始めてお会いするので、少し緊張している。アメリカの方であるが日本語が堪能で安心する。とても素敵なアメリカン概でその上、上手な日本語は日本での生活の長さを感じさせる。我々のプレゼンテーションを気に入っていただけひと安心。一日も早い建物の完成を希望される。M君ピッチを上げて図面を挙げて来てくれよと帰りの電車の中で話す。

夜、条例改正で頑張った有志が小生の事務所に集まり、反省会と今後の活動の打ち合わせ、その後慰労会。

歩行数11927歩 小沢一郎が強制起訴。この事件は国民感情の問題だと考える。戦後政治を長いことやってきた、自民党的体質を持つ感のある、小沢という政治家が、国民が抱いている今日的感性としての政治家像との距離感、感情感が合わなくなってきているということではないだろうか、そのイメージは小沢一郎にとってはどうしても払拭できない身体に染み付いた古い政治家の臭いとして感じてしまうのである。マスコミはこの事件は、民主党にとって逆風であるといアナウンスしているが、小生は民主党にとっては順風ではないかと考える、以前、代表選の前にこの選挙で、小沢一郎が代表選に名乗りを上げたときに、やっと表舞台に出てこない闇将軍が白日の元に出てきたことは、選挙の結果次第では管総理にとっては目の上のタンコブが取れるチャンスだと書いた。まさに選挙に勝ち、そして強制起訴、それも外遊中の出来事。これほど国の権力を握っているものたちのが描き易い政治ドラマ。そしてなんとなく密かに寄り添ってくる宗教政党。こんな面白いドラマがあるだろうか。この後の筋書きはどのようになるのか次回作のお楽しみ。不謹慎ごめんなさい。

« 神無月 3日(日) | トップページ | 神無月 5日(火) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事