« 葉月 8日(日) | トップページ | 葉月 10日(火) »

2010年8月10日 (火)

葉月 9日(月)

雨のち曇り。久しぶりに猛暑から開放されるが少し蒸し暑い。体調だいぶ回復してきたが、定期健診。レントゲン、採血を受けて、三日後に結果が出る。完治を願う。

昼近くに事務所に戻る。鴨川のスケッチ、解けない。苦悶。

夕方I氏来所。条例の公開質問状の再検討、それぞれに意見が有り、まとめるのが大変。

帰宅20時、体重が少し増え気味になってきたので、夕食少し控える。なんとしても今回の病気で落ちた体重を維持しておきたい。でないと今回の苦しみから得たものが何もなくなってしまう。

歩行数4236歩 今夏は世界各地で自然の猛威が人々を苦しめている。ロシアの干ばつと山火事、モスクワは煙によって人的被害が出てきている。何でも地表面の泥炭が燻っているとか、穀物の輸出制限で穀物市場が制限一杯の高騰。中国、北朝鮮、パキスタン、インドでは豪雨による土石流で大変な人々が亡くなっている。南半球では異常低温で動物にまで被害が出ている。そんな中、長崎で65回目の原爆慰霊祭。核なき社会を声を大きくして望むが、一方では核の抑止論。同じ地球に住みながら人はどうしてこうも矛盾やエゴを取り除くことができないでいるのだろうか。かって北米の先住民が一人の若者の声を聞き、大きな木の下に集まり、全ての武器を埋め、武器による争いごとを止めた事が、民主主義の原点に成ったように、今日の国際情勢の中でこのようなことが何故行われないのだろうか、考えさせられるし、大きなテーマである。人間の知恵と勇気が試されている。

« 葉月 8日(日) | トップページ | 葉月 10日(火) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事