« 21日(水) | トップページ | 23日(金) »

2010年4月23日 (金)

22日(木)

寒暖の差に身体が慣れたのか体調崩さずに元気しています。だって、来週はゴールデンウイークが週末から始まるのだから元気でいないと。五月晴れのお天気を期待したいが、どうなんでしょうか。ヨーロッパの空も正常に戻りつつあるようで、海外旅行を計画していた人たちは安堵していることでしょう。それに引き換え、安堵していられないのがわが国の政治、騒がしさを通り越して、騒乱状態。離党、新党、自虐、見直し、朝礼暮改の連続、さすがのコメンティーター達もコメントのしようがなく、ただ呆れている状態。国家破綻という活字が駅販売紙の大見出しになっている。ここまではマスコミの報道から受けた印象だけど、日本のマスコミの流す論調を真に受けてはいけないところがあるので各自しっかりと見極めて置く必要が有ります。それを分かった上で書きます。さて、どこからどのようにしたら正常に戻せるのだろうか、前政権があまりにもめちゃくちゃにしてしまった様相を、現政権が違う角度から慣れない手つきで触り始めてしまったから、こんがらかっていた物が更に複雑にこんがらかってしまった。この状態を解き解すには、ガラガラポンをして、出直すしかないのだろうが出直しても、その後の船長さん候補がいないのが今の日本の情けないところだ。人材不足というより、政治家がいなくなって、政治屋さんばかりになってしまったからだろう。政治屋というと、八百屋が差別用語と言われていて、正しくは青果店と言わないといけないそうなので、政治屋でなくなんと呼べばよいのだろうか。あまり冗談ぽく攻めてもしょうがないので止めておく。こうやって政治の無能振りを見せ付けて政治離れを起こさせ、国民の公に対する意識を削ぎながら、公共心を薄れさせていくのだよな、権力者にとっては最適な国民調教。大人しい国民だから。このように国民が公共心を喪失させられてしまうのが一番小生は恐れている現象だ。小生は大人しくしているのが性分に合わないので、区で公募していた都市計画委員会審議委員に作文と履歴書を出したが、やっと来た返事が落選。男女一名の募集に15名の応募があって,公募委員の選出基準に基づいて選考をした結果、選出には至りませんでしたとのことでした。区に陳情書を出したりしているので、多分ブラックリストに入っていると思うので、選考基準に引っ掛かったのだろう。庁舎問題ではまだ小生のことを区にあまり知られてなかったので、審議委員に選ばれたが、会合でかなり厳しく発言をしたので、この辺りからブラックリスト入りを果たしたようだ、その後も街づくり条例の改正にあたり、かなり意見を言ってきたので、リストの上位に出世していると思われる。少しでも住みよい町になるなら、これからも是々非々の姿勢で区には物申して行こうと考えているが、絶対という虚構にいつも真実を求めては失敗するので焦らず進もうとは考えているが。

歩行数 10864歩  一日冷たい雨が降っていたが気分が高揚していた一日。何故だろう。この高揚感は絶望の次に来る何かを感じているのだろうか。自己の感情の中でしか処理できないでいるナルシスト的な生きざま故に感じたのだろうか。時間が結果を教えてくれる。

« 21日(水) | トップページ | 23日(金) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事