« 20(日) 穀雨・このころの春雨は田畑をうるおし、穀物の成長を助ける。 | トップページ | 22日(木) »

2010年4月22日 (木)

21日(水)

保育園の東京都検査に立ち会う。前回に比べて今回は建築の細部を念入りに調べるのではなくて、どちらかというと、使用上の質問が多かった。例えば作りつけ収納の上部には何をしまうのか、落ちてきた時に、園児に被害がないものを置きなさいとか、園児用の作りつけ収納だなを足場にして、よじ登って窓を開けるので注意するようにといったことを言っていた。園長先生がその都度答えられていたので、建築的には問題なく検査は終了。この現場は某ハウスメーカーが工事をしたのだが納まりが悪く、出来上がっていくごとに美しさが減っていくという情けない仕上がり。園側から設計を頼まれたのだが、ハウスメーカーが設計施工一括請負している仕事であったのを、園側の強い要望で何とか意匠設計だけをさせてもらえたという事情がある。

工業製品を手馴れた技法で組み上げて行く住宅空間はいち時期の綺麗さと、雨風が凌げればよしとする程度の感覚で長いこと過ごす空間として捉えて宜しいんでしょうか。一生に一度の高い買い物としては少し無神経過ぎませんか。もう少し都市と建築の繋がりを考えたり、個としての住宅の有り様を考えても良い時期に来ていると小生は建築家として切実に思いますが。世の中の流れは小生の思う方向には向いていないようですが。建築家の責任もないとは言えないが。(建築家については後日機会が有れば書きます。)建築家に頼むには敷居が高く私共の予算ではとても引き受けてくれないと思っている人は、考えを改めてほしい。厳しい予算、厳しい条件ほど建築家の知恵で解決してもらってほしい。高い買い物なのだから、時間と知恵を掛けて夢を実現してください。

歩行数  12873歩  暖かな一日でした。考えさせられる一日でした。二組の新たなお施主様から相談を受けた一日でした。話がまとまれば嬉しいと思った一日でした。

« 20(日) 穀雨・このころの春雨は田畑をうるおし、穀物の成長を助ける。 | トップページ | 22日(木) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事