« 17日(水) | トップページ | 19日(金) »

2010年3月19日 (金)

18日(木) 彼岸入り

暑さ寒さも彼岸まで。幾分寒いが気分は春に成っているのでこの寒さは身が引き締まり、なんとなく気持ちの良い寒さである。人の気分はこのようにその時の様相で良くなったり悪くなったりする。その感じ方がまた、人によって差があるのでなかなか厄介なものである。春の花はそんなこと関係なく咲き綻ぶ。

Dscf0361 Dscf0366 Dscf0367

Dscf0369 Dscf0370 Dscf0371

Dscf0374 Dscf0368 クリックすると拡大

徒歩で事務所へ。歩き続けているが体重がなかなか減らないので困っている。やはり食事制限しかないかと思いつつ甘いものをついつい食べてしまう。黒糖かりんとう美味しいんだな。このところ嵌っている。労働保険事務所に提出する書類を書く。総会の書類をまとめる。研究会の資料を追加する。M君が資料を綺麗ににビジュアル化してくれる。午後I社のKO女史が来所、来年度の研究会の進め方を打ち合わせる。契約の覚書の一部修正をお聞きして了解する。来週の給料日に備えた事務書類をまとめる。

先日の区議会予算委員会でK区議がこんなことを発言したと友人から知らされた。

 現在、街づくり条例の改定が示されて多くの議論が起きています。その議論の多くが区民参加についてです。さらに、区は、区民参加による区政の推進といわれています。これらの区の姿勢そのものに疑問をもちます。

 民主主義は、さまざまな価値観や異なる意見があることを前提に、定められた仕組みによって意見をまとめ上げて結論に導いていくということであり、その中心となるべきものは、区民の代表の仕組みである議会です。つまり、区民参加の中心になるものは、議会での議論なのですが、その前提として区がきちんと区の姿勢、意見をはっきり明らかにしておくことが大切なのです。

 この基本をはっきりさせておかないと、区民が混乱しますし、何よりも区がよく言われる区民参加とは本来の民主主義とは異なるものではないかと感じざるを得ません。

 で、確かに区の議会は、議論が白熱することがありますが、それは区民の代表である議員が一定の約束の下に民主的に運営されている議会の中で発言し、さらにそのほとんどが公開され、区民が情報を得ることができ、その結果が選挙に反映すると、こういう仕組みになっていることは、ご存じのとおりです。まずは、区が自ら方針を定める、そして区民の代表である議会と調整する、その後で、区民に広く提起するという手順こそが民主主義ではないでしょうか。

 区民の意見を聞くということだけをやみくもに広げて、その意見表明は、誰がなされたのか、その結果を誰が責任をもって反映できるのか、そういう仕組みがないと、責任をもった行政運営ができないはずです。

 区はこのところ、区民参加という魅力的なことばをもって自らの責任を放棄しているように思えてなりません。区のお考えを聞かせてください。

微妙な言い回しであるが小生には前時代的な民主主議論だと思う。今日の議会及び区議が真に民主的な手続きや個人の考えで議会に臨んでいるだろうか、また生の声で議会で議論できているだろうか、甚だ疑問だ。区議は区民によって選ばれたのだからまずは議会で調整して、その後で区民に示せばよいというのは、小生は逆ではないかと思う、まず、区民の意見を聞きその意見を基にして議会での議論の中に投げ入れて揉まれて、また揉まれたものを区民に戻す必要があるのではないか、確かに手間も時間もかかるが、そうする事で区民が行政や議会に関心を持つようになるのではないでしょうか。区民によって選ばれた区議だから私達に任せておきなさいというのは権力を持った者達が良く使う手だ。そのようなやり方のほうが、あーでもない、こーでもないと言ってくる区民の意見を聞く手間が省けるから楽なんでしょ。民主主義ではないんではないですか。かなり大げさに言えばこの国を危めた、統帥権と同じ発想では有りませんか。危険、危険。   役所が区民参加といっているのは逃げ道作りだということが最近この手の会合に出ていて分かってきた。ガス抜きの手段として区民参加を看板にして利用しているだけ、最後には区民が提案した文言は全ていいように変えられて最終案になってでてくるのだから。議員さんたちよ区民が一生懸命時間を割いて貴重な意見を出し合っている会場に来てその成り行きを見、聞き続けた議員がどれだけいたというのですか、K区議あなたのお顔は小生はその会場で一度たりとも見たことがございませんよ。少なくてもこのような流れを知った上であなたの民主主義論を言ってほしいです。

第3代アメリカ大統領で建築家、民主主義の父と言われているトーマス・ジェファーソンがこんなことを言っています。

社会の最終的な権力、その安全な保管場所としては、大衆以外に私は知らない。もし大衆が健全な判断力をもって自分達の力を行使できるほどに啓蒙されていないと思われるなら、その救済方法は大衆の判断力をとりあげてしまうことでなく、彼等の判断力を活かすことである。                          

                                       トーマス・ジェファーソン

帰宅途中無印良品店によって買い物をして帰る。今日は夕食前に入浴を済ます。就寝23時半。  歩行数  15325歩 政治がらみのことを考えるとなんとなく憂鬱になる。そんな一日でした。

« 17日(水) | トップページ | 19日(金) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事