« 28日(日) | トップページ | 2日(火) »

2010年3月 2日 (火)

弥生 1日(月)

徒歩で事務所へ。先週末の定例会で決まった総会の会場をお借りするので、国士舘大学のK研究室にメールをいれてお願いをする。直ぐにK氏からメールが入り教室を借りることが出来た。葉山のスケッチが終わったので担当候補のMスタッフにスケッチを渡し図面化を指示する。午後代々木の新しい住宅のスケッチを始める。夕方下北沢のマンション改修現場に竣工検査に行く。今回は、床のフローリング材が濃い茶色なので汚れや、傷が目立ちやすいので、養生をしっかりとやってもらったのだがテープで養生材を止めたりしたところのコーナーで少し気になるところが有り更なる清掃をお願いする。その他,一部タイルの目地の不揃いが有り、張り直してもらう。事務所に戻り代々木のスケッチをする。帰宅19時半娘と3人で夕食。津波の被害が養殖場で一部起きたようだが、人的被害はなかったようだ。防災放送で高いところに避難を呼びかけていたようだが、それに従う人が少なかったとテレビを観ていたら放送していた。危機意識が多少薄いのかもと思っていたら、気象庁の担当者が今回の津波の情報は少し過剰予報だったと陳謝していた、どちらもどちらだが、大災害の時の狼少年にならないようにする為には日頃の危機管理意識の持ち方が問われるし、各自の危機意識感の持ちようの為にはなった。オリンピックが終わった。銀メダル3個、銅メダル2個の成績だった、結果より今回のオリンピックは競技以外での話題が大きく取り上げられ、協会の有り方、強化費の有り方等の今まであまり表に出てこなかった事が表に出てきたことはとてもこの国のスポーツ環境を知る意味では良かったと思っている。合わせてマスコミの報道の仕方ももう少し考えてもらいたいと小生的には思っている。選手に与えるプレッシャーの何割かはマスコミの報道姿勢にあると考える。それと日の丸の小旗のことであるが、競技場で振っているのは違和感が無いが郷里や、所属する団体で、みんなが集まって振っている姿は、何か60何年か前の何かを想像させ、小生にはどうしても納得できない過去のこの国が犯した過ちの精神構造を感じてしまうのである。飛躍しすぎだろうか。 4年後はロシアのソチとの事。今回期待した若いアスリート達が4年後にどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。そのときは66歳か。今日は食事前に入浴したので、歯だけ磨き就寝11時半  歩行数  15994歩

« 28日(日) | トップページ | 2日(火) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事