« 23日(火) | トップページ | 25日(水) »

2010年2月25日 (木)

24日(水)

やっと温かくなってきた。今日は徒歩で出勤。午前中はブログを書き、給料の計算をする。その後、昨日セミナーでご一緒したT女史からKTに留守電が入っていたので、電話する。昨日のセミナーは活発な話し合いになった分少し問題があったようだ。参加している人たちとのそれぞれの立場での微妙な関係があるので、余計なことを発言して、少しずつ良好になりつつある現在の状況を壊さないようにしなくてはいけないというようなことを話す。午後、代々木の敷地調査にスタッフのS君と行く。クライアントも見えていて30分ほど調査をして、ご一緒に現在のお住まいにお伺いして、お話を聞き、家のなかを案内していただきながら、各部屋の使われ方の説明を受ける。16時ごろ事務所に戻り、26日までに書かなくてはいけない原稿を片付けて、メールを処理して、葉山のスケッチをして徒歩で19時半帰宅。家内と二人で食事、昨日の飲みきれなかった白ワインを飲みながら、オリンピックを観戦、浅田真央ちゃんが昨年失敗し続けたSPでノーミスの演技で高得点を出す。その後に演技したキム選手がこれまたノーミスで真央ちゃんの得点を5点ほど上回る高得点。この二人は共に現在19歳で小さい時からのライバルで有るが、昨年は真央ちゃんが不振で、だいぶ水をあけられた感じでの今回の対決となった。二人ともノーミスでありながら5点もの差がついたのは昨年の成績の差からくるスケーティングの滑らかさの違いだったようだ。この二人のアスリートの魅力は、おじさまから見ると、真央ちゃんが愛くるしくてお茶目な可愛らしい19歳。キムさんは「キムちゃん」とはとても呼べない大人の妖艶さを持った別嬪さんという感じ。明後日にフリーの演技で、順位が決まるが、3位の選手も、直前の母親の急死にもかかわらず涙を誘う演技で高得点を出し上位のふたりを脅かす存在になっている。4位に前回のオリンピックの雪辱に燃える安藤選手が控えているので、明後日の演技時間にはテレビの視聴率がかなり高くなることだろう。そんな盛り上がりに反して、小生が応援していたチーム青森のカーリングがベスト4には入れなかった。後半の息切れが何としても悔やまれる。碁や将棋の棋士も体力と耐力が勝敗に影響するといわれるように、この競技も最後は体力と、それを維持する耐力が今回の結果になったのではないかと小生は勝手に解釈している。この競技は日本人向きの競技なので是非底辺を広げ、底上げをしてほしい。そして次回は金メダルの声を聞きたい。今日は朝風呂に入ったのでそのまま寝ることにしてしまう、11時就寝。歩行数 12119歩。

« 23日(火) | トップページ | 25日(水) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事