« 17日(水) | トップページ | 19日(金) »

2010年2月19日 (金)

18日(木)雨水・このころ雨水ぬるみ、草木が発芽し始めます。

昨夜半からの雪が出勤時間ごろまで降っていたが、積もるほどではなかったが、空気が冷たい。話題の国母君ご苦労様でした。最後の飛翔かっこよかったのに着地が乱れ、本当に残念でした。インタビューも良かったです。これからの成長を楽しみにしています。カーリング残念、この競技は正確なスローイングと状況に応じた戦略が勝負の決め手になるだ。今回のオリンピックに出場している各国の実力差はほとんどないので、どのチームもメダルのチャンスがあり、そのぶんちょっとしたミスが勝敗の分かれ目になってきているようだ。今回のカナダ戦も日本チームにちょっとしたミスが多かった分負けてしまった。非常に繊細な技術力が試される競技だ。スピードスケートでは500メートルで銀を取った長島選手が、器械の誤作動やフライング音の誤認などで、集中力と身体の冷えとで惨敗。みんな紙一重のところで精神をコントロールしているのだなと思うと、テレビを見て好き勝手なことを言っている我々は、彼らの心の一端も助けてあげられないでただ外野席にいることしか出来ないのだなと思ったりする。だから日の丸のついた小旗を振って応援しているのだと言われると否定は出来ないが、小生にはアスリート達の紙一重の状態まで高められた精神状態に小旗がお役に立っているとはどうしても思えないのだが。まあ、この問題は今回のオリンピックでの小生の課題として考え続けてみたい。

午後下北沢のマンションリフォームの現場に行き打ち合わせ。その後あと地の会事務局のT女史と会い、23日のセミナーの講師をお願いしてるH氏と共に、下北の現状と進められている計画の概要を現地を案内しながら、T女史がご説明する。T女史お気に入りのパン屋さんで少し遅めの昼食を摂り、セミナーの下打ち合わせをして小生は帰所。夕方先日ザ・ハウスでお会いした、Tご夫妻が事務所にお見えになられて打ち合わせ。日本の伝統工法と木造三階建ての構造基準の取り扱いに関してご説明をする。この問題は建築家としてとても歯がゆい思いをしている、法の壁をクリヤーするには構造解析に大変な労力、コスト、時間がかかる。伝統工法で家作りをしている人たちは、国土交通省に働きかけて取り扱いの再考をお願いしているが、事が耐震強度のことなので思うようには良い方向に進んでいないのが現状である。いづれにしろ、時間のかかる話である。木材は呼吸をしている材料なので数値的に解析し難いのである。、昔の大工さんは木材の特性を活かしたり、押えたりして、地震時にかかる柱と梁の接合部の仕口に工夫をこらして力を逃がしたり、強めたりする工法を見つけ出してきたのである。大工さんの腕と経験と、木材の扱い方、そして職人魂を持った気概があって始めて法で決められた強度以上の強度が得られるという確信あるものが作られる。この工法が普遍性を持つには、山を整備し、良質な木材を供給できる環境を整えていく事業から始めていかなくてはいけない、是は一人や、二人の大工さんが頑張ってもなかなか出来るものではない。山の問題、川の問題、防災の問題、技術の問題など、しいてはECO社会という大きなテーマ、そしてこの国のこれからの社会と住宅のありようをしっかりとした国家プロジェクトとして取り組んでいかなくてはならない問題だと考える。少し話が広がりすぎたかな。でも、我々にとってはとても重要な問題なのだ。 2時間ほどお話を伺い、その話の中で、伝統工法で頑張っている滋賀の宮内棟梁の話しを伺う。打ち合わせ後HPで検索しスタッフと動画を見る。民放の番組「情熱大陸」で紹介された映像で、伝統工法を独自に研究して頑張ってる姿に敬服する。ためになった。 来週、敷地を調査に行き、スケッチを始めることをお約束する。打ち合わせ後スタッフに22条地域の木造3階建ての建築基準法の取り扱いのチェックをお願いして帰宅20時半。 今日は家内が夕食を先に済ませていたので、一人で済ます。入浴後自室に行き、少し事務ワークをして。就寝12時。  歩行数  10979歩

« 17日(水) | トップページ | 19日(金) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事